S市T様邸

  • 施工前

    築15年という事で、
    「屋根・外壁の痛みを修繕したい」
    と、ご相談です。

  • 施工後
古くなった屋根と外壁

外壁はサイディング継目のシール材(コーキング)は痩せてしまい、動きやすくなったせいか隅に割れが発生。

屋根も塗装(防水)が剥げはじめているため、雨水の浸透が心配な状況です。

足場組みとメッシュシート掛け

建物全体に足場を組み、メッシュシートを掛け、古いコーキング材を取り、新しく打替をします。

屋根の高圧洗浄、シーラー、TOP(シリコン系の塗装)

シール材の硬化が確認できた(約3日)ところで、
高圧洗浄 → シーラー(下塗剤)+TOP(シリコン系の
塗料)×2回塗工

外壁の塗装

骨剤入の下塗剤を吹付けて、TOP(セラミック系の塗料)×2回塗工

仕上がり

軒樋竪樋を新規に取付、足場を解体撤去。

お施主様と共に仕上げ確認にて完了。

「屋根のリフォーム・修理」ページへ戻る